スポンサードリンク

「(お世辞だとしても)うれしいよ / 光栄です」を
英語で言うと・・・

本日の英会話フレーズ

Q: 「(お世辞だとしても)うれしいよ / 光栄です」

A: “I’m flattered.”

I’m flattered.
「(お世辞だとしても)うれしいよ、光栄です」

to be pleased because somebody has made you feel important or special
[Oxford Advanced Learner’s Dictionary]

flatter”と聞くと、まず最初に「~にお世辞を言う、媚びへつらう」など、
ネガティヴな意味を思い浮かべてしますよね。

でも、これが“I’m flattered.”となると、ちょっと意味合いが変わってきます。

直訳すると、「私はお世辞を言われた」という意味になり、
何だか「ゴマをすられた」とか「よいしょされた」というような
ネガティヴなイメージがありますが、

実は、これは「(お世辞だとしても)褒めてくれて嬉しいです」という感じで、
光栄です」「うれしく思います」と、純粋に喜んでいる気持ちを
表すことになり、ネガティヴなイメージはなくなるんですね。

ですから、人に何かを褒められて、
とても嬉しいという気持ちを表現したいときに、
この“I’m flattered.” 「(お世辞だとしても)うれしいよ
という表現を用いることができます。

Thank you. I’m flattered.” 「ありがとう。とてもうれしいです
と言ってみるとよいですね。

また、“Don’t flatter yourself.
「自分にお世辞を言うな」⇒「うぬぼれるな」「いい気になるな
という表現もありますね。

“Would you like to go out with me this weekend?”
「今週末、僕とデートしてくれないかな?」
I’m very flattered, but I can’t.”
「気持ちはすごくうれしいけど、できないわ」

この記事を、役に立った・参考になったと思われた方は、ポチっとお願いします♪
人気ブログランキングへ


スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す