「伝言をお願いできますか?」を英語で言うと・・・

本日の英会話フレーズ

Q: 「伝言をお願いできますか?」

A: “Can I leave a message?”

Can I leave a message? 「伝言をお願いできますか?」

leave a message”で、「伝言を残す、メッセージを残す」
という意味になります。

ですから、“Can I leave a message?”で、
伝言をお願いできますか?」「伝言を頼めますか?」という意味になります。

同様の意味で、
May I leave a message?”「伝言をお願いできますか?」
I’d like to leave a message.”「伝言を残したいのですが」
という表現もありますね。

そして、相手が、「伝言を残されますか?」と聞く場合には、
Would you like to leave a message?”となります。

これとは逆に、「伝言を預かる、メッセージを預かる」は、
take a message”となります。

ですから、「何か伝言はありますか?」「伝言をお預かりしましょうか?」
と言う場合には、
Can I take a message?
May I take a message?
となりますね。

そして、相手に、「伝言を預かっていただけますか?」と言う場合には、
Would you take a message, please?”と言えばよいでしょう。

“Is Mr. Tanaka there, please?”
「田中さん、いらっしゃいますか?」
“I’m sorry he’s not in right now.”
「申し訳ございませんが、ただ今、彼は席を外しております」
Can I leave a message?
「伝言をお願いできますか?」
“Sure.”
「もちろんです」

この記事を、役に立った・参考になったと思われた方は、ポチっとお願いします♪
人気ブログランキングへ


関連コンテンツ

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す