「言いたいことは分かったよ / 君の言い分は分かったよ」を
英語で言うと・・・

本日の英会話フレーズ

Q: 「言いたいことは分かったよ / 君の言い分は分かったよ」

A: “You made your point.”

You made your point.
「言いたいことは分かったよ、君の言い分は分かったよ」

point”には、「主張、意見」という意味があるので、

make one’s point”という表現は、

「言い分を力説する、言い分を立証する」
「主張の正しいことを示す、主張の正しいことを分からせる」
「主張を通す、意見を通す」

などという意味になります。

ですから、“You made your point.”と言うと、

「あなたはあなたの言い分を立証した」
「あなたはあなたの主張が正しいことを示した」

というところから、

言いたいことは分かったよ」「君の言い分は分かったよ

などという意味になりますね。

「言いたいことは分かったよ。だから、それ以上言わなくていいよ」
という意味合いで用いられる表現ですね。

“Enough already! You made your point.
「うるさいな!言いたいことは分かったよ。」

この記事を、役に立った・参考になったと思われた方は、ポチっとお願いします♪
人気ブログランキングへ


スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す