「よくあることさ」を英語で言うと・・・

本日の英会話フレーズ

Q: 「よくあることさ」

A: “It happens.”

It happens. 「よくあることさ」

happen”は、「物事が偶然に起こる、生じる」という意味ですが、
It happens.”という表現を見てみると、時制は「現在形」になりますね。

ここで、「現在形」というと、「現在=今」のことだけを表すかのように
思われるかもしれませんが、実はそうではないんですね。

happen”は、動作を表す動詞ですが、この動作動詞の現在形は、
「今」を中心にして過去から未来にわたって繰り返される
動作を表すことができるんです。

つまり、「繰り返されること」=「習慣」を表すことができるので、
頻度を表す副詞の“always”(いつも)や“often”(しばしば)などを
伴っていなくても、現在形にするだけで、
「いつも~する」「しばしば~する」という意味を表すことができるわけです。

そこで、“It happens.”を見てみると、
「それはいつも起こる」という意味合いから、
そういうことはよくあるよ」「よくあることさ」という意味になるわけですね。

It happens.”という表現は、いろいろな場面で用いることができますが、
特に、何かに失敗してしまったり、不運な出来事にあってしまった人に対して、
よくあることだよ」と慰めの言葉をかける場合に用いられることが多いですね。

“Oh, I repeated the same mistake!”
「ああ、また同じミスを繰り返してしまった!」
“Don’t worry. It happens.
「大丈夫だよ。よくあることさ」

この記事を、役に立った・参考になったと思われた方は、ポチっとお願いします♪
人気ブログランキングへ


スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す