「お先に失礼するよ」を英語で言うと・・・

本日の英会話フレーズ

Q: 「お先に失礼するよ」

A: “I’m off.”

I’m off. 「お先に失礼するよ」

日本では、退社するときに、同僚や上司が残っている場合に、
お先に失礼します」と言う習慣がありますが、
英語ではこれに相当する表現はないんですね。

というのも、日本では、同僚や上司が残業をしているのに、
自分だけ退社することに申し訳ないという気持ちになってしまいがちですが、
英米人には、そういった感覚がないからです。

ですから、退社時には、普通の別れの挨拶をすればいいということになります。
例えば、
See you tomorrow.” 「また明日」
See you later.” 「またね」「じゃあね」
I’m leaving.” 「帰ります」

また、“I’m off.”という表現も、
日本語で言うと「お先に失礼するよ」という感じになりますね。

この“off”は、「離れて」「立ち去って」という意味の副詞ですから、
I’m off.”で「私は立ち去ります」⇒「私は帰ります」「お先に失礼します」
という意味になるわけですね。

この表現は、カジュアルな表現なので、
お先に失礼するよ」「もう行くね」という感じになりますね。

I’m off now.”
「お先に失礼するよ」
“See you later.”
「じゃあまた」

この記事を、役に立った・参考になったと思われた方は、ポチっとお願いします♪
人気ブログランキングへ


スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す