スポンサードリンク

「勘弁してよ / 大目に見てよ」を英語で言うと・・・

本日の英会話フレーズ

Q: 「勘弁してよ / 大目に見てよ」

A: “Cut me some slack.”

Cut me some slack. 「勘弁してよ、大目に見てよ」

cut somebody some slack

(informal) to be less critical of somebody or less strict with them
[Oxford Advanced Learner’s Dictionary]

(informal) allow someone some leeway in their conduct.
[Concise Oxford Dictionary]

cut somebody some slack”を直訳すると、
「(人)をいくらか(規律・規制などが)ゆるんだ状態にする」
という意味になり、

そこから、「(人)に対して規制を緩めてやる、(人)を大目に見る、
もう少しゆったりさせる」などという意味になります。

ですから、“Cut me some slack.”と言うと、
勘弁してよ」「大目に見てよ」などという意味になりますね。

また、同じような意味合いで用いられる表現として、
以前に学習した“Give me a break!”「勘弁してよ」「大目に見てよ」
という表現がありますね。

Cut me some slack. It’s been a long day and I’m tired.”
「勘弁してよ。今日は忙かったし、疲れているんだ」

関連記事
「いい加減にしてよ! / 勘弁してよ!」を英語で言うと・・・

この記事を、役に立った・参考になったと思われた方は、ポチっとお願いします♪
人気ブログランキングへ


スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す