「勘弁してよ」を英語で言うと・・・

本日の英会話フレーズ

Q: 「勘弁してよ」

A: “Spare me.”

Spare me. 「勘弁してよ」

spare”には、「~を取っておく」という意味の他に、
「容赦する、勘弁する、思いやる、(人)に(面倒・世話を)かけさせない」
などの意味もあるので、

Spare me.”で、「勘弁してよ」という意味になります。

相手の退屈な話や愚痴、お説教などを聞きたくないときに、
よく用いられる表現ですね。

同様の意味で、“Give me a break.” 「勘弁してよ、いい加減にしてよ
という表現もありますね。

また、“Spare me ~”で、「~は勘弁してよ、~なんて聞きたくない
という意味になるので、
例えば、

Spare me your complaints.” 「あなたの不平・不満なんて聞きたくない」
Spare me your lecture.” 「あなたの説教なんて聞きたくない」
Spare me the details.” 「詳細は勘弁してよ」「細かい話は聞きたくない」

などと言うこともできます。

“I’m not finished with you.”
「君とはまだ話が済んでいないぞ」
Spare me.
「勘弁してよ」

“We had a terrible time.”
「ひどい目にあったんだよ」
Spare me the details.”
「詳細は勘弁してよ(細かい話は聞きたくないよ)」

この記事を、役に立った・参考になったと思われた方は、ポチっとお願いします♪
人気ブログランキングへ


スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す