「言っちゃえよ / 教えてよ」を英語で言うと・・・

本日の英会話フレーズ

Q: 「言っちゃえよ / 教えてよ」

A: “Spill the beans.”

Spill the beans. 「言っちゃえよ、教えてよ」

spill the beans

(informal)
to tell somebody something that should be kept secret or private
[Oxford Advanced Learner’s Dictionary]

(informal)
reveal secret information unintentionally or indiscreetly.
[Concise Oxford Dictionary]

spill the beans”という表現を直訳すると、
「豆をこぼす」という意味になるので、

いきなり、“Spill the beans.”と言われたら、

「えっ、何?『豆をこぼせ』って、どういうこと?」

と戸惑ってしまうかもしれませんね^^;

でも、実は、この“spill the beans”という表現には、
うっかり秘密を漏らす」という意味があるんです。

では、なぜ“spill the beans”という表現が
「うっかり秘密を漏らす」という意味になったのかというと、
いろいろな説がありますが、

有名なものとして、古代ギリシャの投票制度に由来する
という説があります。

当時のギリシャでは、投票に、白い豆(賛成)と黒い豆(反対)を
使っていたそうですが、投票は満場一致でないと可決しない
という仕組みになっていたようです。

そこで、投票の最中に、うっかりこれらの豆をこぼしてしまい、
黒い豆が見えてしまうと、反対の人がいるということが明らかになり、
満場一致ではないため、投票は中止になってしまうんですね。

こういったことから、“spill the beans”という表現が、

「豆をこぼす」⇒「うっかり秘密を漏らす」

という意味合いで用いられるようになったということのようです。

ですから、命令形で“Spill the beans.”と言うと、
「秘密を漏らせ」というところから、

言っちゃえよ」「言っちゃいなよ」「教えてよ

などという意味になります。

「いいから言っちゃいなよ!」「教えて教えて!」というふうに、
相手から話を聞き出そうとする場合に用いられる表現ですね。

“You look really happy today. What’s up?”
「今日はとてもうれしそうね。どうしたの?」
“Oh, nothing!”
「えっ、何でもないわよ。」
“You can’t fool me. Spill the beans.
「だまされないわよ。言っちゃいなさいよ。」

この記事を、役に立った・参考になったと思われた方は、ポチっとお願いします♪
人気ブログランキングへ


スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

4件のコメント

  • 1日1フレーズを覚えていく。シンプルでいいコンセプトですね。フレーズの語源の説明があってすごく分かり易かったです。これで更に覚えやすくなりますね。私も英会話マスターのブログを書いているので、またお邪魔しますね。

  • コタロウ

    >秒速で英会話マスターする方法 さん

    コメントありがとうございます^^

    >フレーズの語源の説明があってすごく分かり易かったです。
    >これで更に覚えやすくなりますね。

    そうですね。

    英語表現の意味をただ覚えるだけだと、
    学習していくうちに飽きてきてしまうので、
    なるべく語源なども併せて学習できるようにしています。

    お互いに英会話の学習、頑張っていきましょう。

  • はじめまして^^
    「豆をこぼす」⇒「うっかり秘密を漏らす」のように元になった意味を知ると理解が深まっていいですね♪

    • コタロウ

      >オンライン英会話ナビゲーターのぱぴるん さん

      コメントありがとうございます^^

      >「豆をこぼす」⇒「うっかり秘密を漏らす」のように元になった意味を知ると
      >理解が深まっていいですね♪

      そうですね。

      英語表現もただ意味を覚えるだけの学習だと、
      なかなか継続して学習していくのは難しいですよね。

      なぜそのような意味になったのかなど、
      疑問に思ったことを掘り下げて学習するようにすると、
      興味もわきますし、楽しんで学習できますよね^^

コメントを残す