「ひどい話だ!」を英語で言うと・・・

本日の英会話フレーズ

Q: 「ひどい話だ!」

A: “Sounds awful!”

Sounds awful. 「ひどい話だね、それはひどいね」

相手の言ったことに対して、不快感などを表して、
ひどい話だね」「それはひどいね」という意味になります。

前回学習した“Sounds good.”と同様に、「Sounds + 形容詞」という表現で、
“awful”には「ひどい、大変悪い、不快な」という意味があるので、
Sounds awful.”で、「ひどい話だね」「それはひどいね
という意味になります。

「Sounds + 形容詞」という表現で用いられる形容詞は、
“good”や“great”などのように「よいこと」を表すものだけではなく、
この“awful”のように「よくないこと」を表すものもあるわけですね。

Sounds terrible.” 「それはひどいね」
Sounds boring.” 「それはつまらなそうだね」
Sounds dangerous.” 「それは危なそうだね」

“My boss has been sexually harassing me.”
「上司が私にセクハラをするの」
Sounds awful!
「ひどい話だ!」

関連記事
「それはいいね」を英語で言うと・・・

この記事を、役に立った・参考になったと思われた方は、ポチっとお願いします♪
人気ブログランキングへ


スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す