「折り返し連絡します / あとで電話します」を
英語で言うと・・・

本日の英会話フレーズ

Q: 「折り返し連絡します / あとで電話します」

A: “I’ll get back to you.”

I’ll get back to you.
「折り返し連絡します、こちらからかけ直します」

get back to somebody
to speak or write to somebody again later, especially in order to give a reply
[Oxford Advanced Learner’s Dictionary]

get back to (人)”には、「(人)に後で返事をする」という意味があるので、

I’ll get back to you.”と言うと、
折り返し連絡します」「あとで電話します
折り返しお電話します」「こちらからかけ直します
などという意味になります。

そして、「~の件で」「~について」などと付け加えたいときは、
get back to somebody on ~”というふうに、後に“on ~”と続けます。

I’ll get back to you on that.”“Let me get back to you on that.
などと言うと、「その件について、折り返し連絡します」という意味になります。

ただ、“get back to (人)”は、
call back”よりも、カジュアルな表現になるので、
目上の人などが相手の場合には、“I’ll call you back later.
などと言った方がよいかもしれませんね。

call back / call somebody back
to telephone somebody again or to telephone somebody
who telephoned you earlier
[Oxford Advanced Learner’s Dictionary]

また、ここで、“I’m getting back to you.”と言うと、
「お電話を頂いたそうで」「折り返しおかけしています」
などという意味になります。

“Let me check my schedule and I’ll get back to you.
「予定を調べて、折り返し連絡します。」

この記事を、役に立った・参考になったと思われた方は、ポチっとお願いします♪
人気ブログランキングへ


スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す