「頑張って」を英語で言うと・・・

本日の英会話フレーズ

Q: 「頑張って」

A: “Knock’em dead.”

Knock’em dead. 「頑張って」

knock’em dead”には、
「(人)を仰天させる、(人)を強く感動させる、(人)をうならせる」
という意味があります。

直訳すると、「彼らを殴り殺す」という意味ですが、そこから、
「そのことがあまりにも驚異的で、驚きのあまり死んでしまう」ということから、
「人を仰天させる」「人を強く感動させる」という意味に変化したようです。

そして、この“Knock’em dead.”という表現が、
Good luck!”「幸運を祈る」「成功を祈る」という表現と
同様の意味で用いられるようになったんですね。

ですから、人前でパフォーマンスをする人に対して、
頑張って」と言う場合などに用いることができます。

例えば、これからコンサートで演奏する人や、
就職の面接を受けようとする人などに、
Knock’em dead.”「頑張って」と言うことができますね。

“I’m going to have a job interview tomorrow.”
「明日、就職の面接があるんだ」
Knock’em dead.
「頑張って」

この記事を、役に立った・参考になったと思われた方は、ポチっとお願いします♪
人気ブログランキングへ


スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す