「聞くだけ聞いてみたら」を英語で言うと・・・

本日の英会話フレーズ

Q: 「聞くだけ聞いてみたら」

A: “It never hurts to ask.”

It never hurts to ask. 「聞くだけ聞いてみたら」

hurt”には、「傷を与える」という意味だけではなく、
「損害を与える」という意味もあります。

ですから、“It never hurts to ask.”を直訳すると、
「聞くことは決して損害を与えない」という意味になり、そこから、

聞いても損はしない」「聞くのはタダだ」「聞くだけ聞いてみたら
という意味になります。

「聞くだけなら損はしないのだから、駄目でもともとだと思って、
聞くだけ聞いてみたら」という感じで用いられる表現ですね。

“Your request may be turned down, but it never hurts to ask.
「君の依頼は断られるかもしれないけど、聞くだけ聞いてみたら」

この記事を、役に立った・参考になったと思われた方は、ポチっとお願いします♪
人気ブログランキングへ


スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す