「そんなこと信じられない / とぼけないで」を英語で言うと

本日の英会話フレーズ

Q: 「そんなこと信じられない / とぼけないで」

A: “Don’t give me that.”

Don’t give me that.
「そんなこと信じられない、とぼけないで、嘘をつくな」

(informal) used to tell somebody that you do not accept what they say
[Oxford Advanced Learner’s Dictionary]

Don’t give me that.” = “Don’t give me that jazz.”は、
直訳すると「そんなたわごとを私に与えないでくれ」という意味になりますが、
そこから、「そんなこと信じられない」「とぼけないで」「嘘をつくな
くだらない話をするな」などという意味になります。

相手が明らかに嘘だと分かるような言い訳をしたときなどに
「とぼけないで」「そんな言い訳はよして」という感じで用いられる表現ですね。

この“jazz”「たわごと、嘘っぱち」という単語を、
crap”や“shit”「糞;たわごと」などの下品な言葉に言い換えることも
結構ありますが、私たち英語学習者は、あまり使わない方が
よいかもしれませんね^^

“Ah, this isn’t what it looks like.”
「えーと、これはそういうことじゃないんだ」
Don’t give me that.
「とぼけないで。」

この記事を、役に立った・参考になったと思われた方は、ポチっとお願いします♪
人気ブログランキングへ


関連コンテンツ

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す