「危ないところだった!」を英語で言うと・・・

本日の英会話フレーズ

Q: 「危ないところだった!」

A: “Close call!”

Close call! 「危ないところだった!」

close call
(informal)
a situation in which you only just manage to avoid an accident, etc.
[Oxford Advanced Learner’s Dictionary]
≒ close shave, narrow shave, narrow squeak, near shave, near squeak

close call”には、
「危機一髪(で危険や失敗を逃れること)、ヒヤッとした出来事」
という意味があります。

ですから、“Close call!”と言うと、
危ないところだった!」という意味になりますね。

close call”は、
直訳すると「ぎりぎりの判定」という意味ですが、
ここから「危機一髪」という意味合いになったわけですね。

類義語の“close shave”は、理容師見習いがお客のひげを剃るときに、
まだひげ剃りに慣れていないために、深剃りしてしまい、
危うくお客に傷を負わせそうになることに由来する表現だそうです。

また、“have a close call”で、
「九死に一生を得る、危ういところを助かる」という意味になりますね。

“That was a close call.” 「危機一髪だった」

“He had a close call yesterday.”
「彼は昨日、九死に一生を得た」

この記事を、役に立った・参考になったと思われた方は、ポチっとお願いします♪
人気ブログランキングへ


関連コンテンツ

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す