「やっぱり!」を英語で言うと・・・

本日の英会話フレーズ

Q: 「やっぱり!」

A: “I knew it!”

I knew it! 「やっぱり! やっぱりそうだったんだ!」

「やっぱり!」という日本語に当てはまる英語の表現は、いろいろありますが、
I knew it!”は、「やっぱりそうだったんだ!」「思ったとおりだ!
という意味合いの「やっぱり!」という意味を表す場合に用いられます。

I knew it!”を直訳すると、「私はそれを知っていた」という意味になるので、
もうすでに、そのことを知っていたという意味で
用いられるような感じがしますが、実際のところは、
それを知らなかったけれども、そうなんじゃないかなと思っていたら、
その自分の推測が当たっていたというような場合に用いられます。

これと似たような表現で、“I knew that!”という表現がありますが、
こちらは、実際に前から知っていたことに対して、
そんなことなら知っていたよ!」という
ちょっとキツイ言い方になるので、注意が必要ですね。

親切に教えてくれた人に対しては、
Really?” 「本当なの?」「知らなかったわ」
I knew it!” 「やっぱり!」「思ったとおりだ!」
などという表現を用いた方がよいでしょう。

it”と“that”、ちょっと違うだけで、
意味合いが変わってしまうので、要注意ですね^^

“I heard Mike is going out with Rachel.”
「マイクとレイチェルが付き合ってるんだって」
I knew it!
「やっぱり!」

関連記事
「ほら、やっぱりね」を英語で言うと・・・

この記事を、役に立った・参考になったと思われた方は、ポチっとお願いします♪
人気ブログランキングへ


スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す