「面倒くさいな」を英語で言うと・・・

本日の英会話フレーズ

Q: 「面倒くさいな」

A: “What a pain!”

What a pain! 「面倒くさいな、うんざりだよ」

pain”には、「苦痛;痛み」という意味だけではなく、
「面倒なこと(人)、不愉快なこと(人)、うんざりさせること(人)」
という意味もあります。

そして、“What a(an) + 名詞!”という形の感嘆文は、
“名詞”の意味を強調したいときに用いられるので、

What a pain!”で、“pain”という名詞の意味を強調して、
「何て面倒なことなんだ!」「何てうんざりさせることなんだ!」
ということから、「面倒くさいな」「うんざりだよ」「納得いかないな
という意味になります。

また、この「面倒くさい」ということを表すイディオムとして、
a pain in the neck”という表現もありますね。
面倒でうんざりさせること(人)」「悩みの種」「頭痛の種
という意味になります。

a pain in the ass”も同じ意味になりますが、
これはあまり上品な表現ではないので、使わない方がよいかもしれませんね^^

“It is your turn to wash the dishes today, right?”
「今日、食器を洗うのはあなたの番だよね?」
“Oh, what a pain!
「ああ、面倒くさいなあ」

この記事を、役に立った・参考になったと思われた方は、ポチっとお願いします♪
人気ブログランキングへ


スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す