「そんなことしたら承知しないぞ! / 絶対にだめ!」を
英語で言うと・・・

本日の英会話フレーズ

Q: 「そんなことしたら承知しないぞ! / 絶対にだめ!」

A: “Don’t you dare!”

Don’t you dare!
「そんなことしたら承知しないぞ! 絶対にだめ!」

dare”は、「あえて~する、思い切って~する、あつかましくも~する」
という意味の助動詞なので、“Don’t you dare +動詞”は、直訳すると、
「あえて~するのをやめろ」「あつかましくも~するのをやめろ」
という意味になりますが、

怒気を含んで、脅すような感じで、
相手のすることを制止しようとする場合に用いられて、
絶対に~するんじゃないぞ」「~するのはやめておきなさい
~するなんてとんでもない」という意味になります。

Don’t you dare tell anyone about this!
「絶対にこのことを誰にも言うんじゃないぞ!」

後ろに動詞を付けないで、ただ単に“Don’t you dare!”と言うことも可能で、
そんなことしたら承知しないぞ!」「絶対にだめ!」「やめて!
やめておきなさい!」という意味になりますね。

この“dare”を用いた表現は、他にもあります。

How dare you +動詞”で、
よくもまあ~することができるね!」という意味になります。

How dare you say such a thing?” 「よくもまあそんなことが言えるね!」

この表現も、後ろに動詞を付けないで、ただ単に
How dare you!”と言うことも可能で、

よくもまあそんなことが言えるね!」「よくもまあそんなことができるね!
という意味で、

よくもまあ!」「何考えてるんだ!
という感じで、相手に対する憤慨を表す表現になります。

“I’ll tell her about it.”
「彼女にそのことを話すよ」
Don’t you dare!
「そんなことしたら承知しないぞ!」

この記事を、役に立った・参考になったと思われた方は、ポチっとお願いします♪
人気ブログランキングへ


スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す