「その話に乗った / よし応じよう」を英語で言うと・・・

本日の英会話フレーズ

Q: 「その話に乗った / よし応じよう」

A: “You’re on.”

You’re on. 「その話に乗った、よし応じよう」

(informal) used when you are accepting a bet
[Oxford Advanced Learner’s Dictionary]

You’re on.”という表現には、
その賭けに乗った」「その話に乗った」「よし応じよう
よしきた」「それで決まった」「話は決まった
などという意味があります。

相手の提案や申し出、賭けの挑戦などに応じるときに用いられる表現ですね。

とは言え、なぜこの“You’re on.”という表現が
そういった意味になったのか、ちょっとよく分からないんですよね。

on”には、「(~に)喜んで参加して、賛成して」という意味があるので、
どちらかと言うと、“I’m on.”と言った方が、「私は喜んで参加する」
ということから、こういった意味になりやすいような気もするのですが・・・

ここでは、「君は賛成だ」⇒「(僕も賛成だから)よし、それで決まりだ」
ということなんでしょうか?

それとも、「(僕も賛成だから)君は喜んで参加する」
ということなんでしょうか?

ちょっと、よく分からないんですけど、まぁ、それはさておき、
You’re on.”という表現には、「その話に乗った」「よし応じよう」
という意味があるんだなと覚えておきましょう^^

追記

やっぱり、ちょっと気になったので、少し調べてみました。

一説によると、この“You’re on.”という表現は、元々、相手から挑戦を受けて、
それに応じるという場合に用いられたもののようです。

そして、その挑戦者が複数いるという場合に、
I’m on.”「私は喜んで参加するよ;私は賛成だよ」と言っても、
何人もいる挑戦者の誰の挑戦を受けて立つのか、明確ではありませんよね。

ここで、挑戦者の一人を選んで、“You’re on.”と言うと、
その相手の挑戦を受けて立つということが明確になりますから、
そこから、「その話に乗った」「よし応じよう」
などという意味になったということのようです。

なるほど、そうやって考えると納得できますね^^

“Let’s play tennis tomorrow.”
「明日、テニスしようよ。」
You’re on.
「よしきた。」

この記事を、役に立った・参考になったと思われた方は、ポチっとお願いします♪
人気ブログランキングへ


スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

2件のコメント

  • E

    I’m in! という場合との違いはなんですか?

    • コタロウ

      >E さん

      そうですね。

      “I’m in.”という表現も、日本語に訳すと、
      「その話に乗った」「私もやる」「私も入れて」
      などという意味になりますね。

      以下は、私個人の勝手な見解になりますが、

      “I’m in.”という表現は、どちらかと言うと、
      みんなで何かしようと計画した場合に、
      自分もその仲間に入るという感じで、
      「その話に乗った」「私もやる」「私も入れて」
      という意味合いで用いられることが多いのではないかと思います。

      つまり、みんなで何かやろうと計画した場合に、
      自分もその仲間の一人として、それに参加する
      という意味合いで用いられることが多いのかなと・・・

      まあ、厳密には、そんなにきっちりと分けて
      用いられていないかもしれませんが、
      あくまでもそういった印象が強いかなと思います。

コメントを残す