「そうでもない」を英語で言うと・・・

本日の英会話フレーズ

Q: 「そうでもない」

A: “Not quite.”

Not quite. 「そうでもない」

not quite”は、「必ずしも~というわけではない、完全には~ではない;
~とまではいかない、ほぼ
」という意味になります。

quite”は、「まったく、完全に、すっかり」という意味ですね。
以前に、“Not exactly.”を学習したときにも出てきましたが、

completely”や“quite”などのように「完全性」を表す語句、
また、“all”などのように「全体性」を表す語句の前に、“not”を付けると、
「完全に~というわけではない」「全部が~というわけではない」
という部分否定を表す意味になるわけです。

ですから、“Not quite.”で、「全くその通りというわけではない」
「完全というわけではない」ということから、
そうでもない」という婉曲的な否定を表すわけですね。

ただ単に“No.”と返答すると、冷たい感じがしますが、
Not quite.”と返答することで、婉曲的に否定することができます。

“Do you like baseball?”
「野球は好きかい?」
Not quite.
「そうでもないね」

“Is this correct?”
「これで、正解かな?」
Not quite.
「ちょっと違うね」

“Have you done your homework?”
「宿題終わった?」
Not quite.
「もう少し」

関連記事
「そういう訳でもないけど」を英語で言うと・・・

この記事を、役に立った・参考になったと思われた方は、ポチっとお願いします♪
人気ブログランキングへ


関連コンテンツ

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す