「絶対に無理!」を英語で言うと・・・

本日の英会話フレーズ

Q: 「絶対に無理!」

A: “No chance!”

No chance. 「無理だね、あり得ないね」

no chance
(informal) there is no possibility [Oxford Advanced Learner’s Dictionary]

(残念ながら)その見込みはないよ」「無理だね」「あり得ないね
などという意味。

No chance.”は、“There is no chance.”の省略形で、
ほとんど可能性がないと言う場合に用いられる表現で、
「無理だ」「見込みがない」「あり得ない」という意味になります。

Not a chance.”もほぼ同様の意味で用いられますね。

この“not a ~”は、“no”の強調形で、
「1つも~ない」という強い否定を表します。

また、以前に学習した“Fat chance.”「まさか、あり得ない」も
同様の意味で用いられます。

これとは逆に、「見込みが十分ある」「可能性が十分ある」という意味では、
stand a good chance of doing”“stand a fair chance of doing”が
用いられますね。

“Can I marry you?”
「結婚してくれるかい?」
No chance.
「いやよ」

“Do you think he’ll do it?”
「彼がそれをすると思うかい?」
No chance.
「あり得ないね」

“I stand no chance against her.”
「私は彼女に勝ち目がない」

関連記事
「まさか、あり得ない」を英語で言うと・・・
「まさか!」を英語で言うと・・・

この記事を、役に立った・参考になったと思われた方は、ポチっとお願いします♪
人気ブログランキングへ


スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す