「お願いだから / 頼むから」を英語で言うと・・・

本日の英会話フレーズ

Q: 「お願いだから / 頼むから」

A: “Humor me.”

Humor me. 「お願いだから、頼むから」

humor”は、名詞で用いられる場合には、
「ユーモア;機嫌;気質」という意味になりますが、
動詞で用いられる場合には、
「~に調子を合わせる、~の機嫌を取る」という意味になります。

ですから、“Humor me.”を直訳すると、
「私に調子を合わせて、私の機嫌を取って」という意味になり、

そこから、「お願いだから」「頼むから」「いいからやってよ
などという意味になります。

相手がこちらの頼みごとをすることをためらっている場合に、
「お願いだから、私を喜ばせると思って、やってよ」
という感じで用いられる表現ですね。

また、“Don’t humor me.”という否定文になると、
無理に調子を合わせないでよ」「適当に調子を合わせないでよ
という意味になります。

相手が本心からではなく、適当に話を合わせるために何か言ったり、
ただ単にこちらの機嫌を取るために何か言ったりした場合に
用いられる表現ですね。

“I’m not in the mood.”
「気が進まないなあ」
Humor me and give it a try.”
「お願いだから、やってみて」

この記事を、役に立った・参考になったと思われた方は、ポチっとお願いします♪
人気ブログランキングへ


スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す