スポンサードリンク

「手短に言うと / かいつまんで言うと」を英語で言うと

本日の英会話フレーズ

Q: 「手短に言うと / かいつまんで言うと」

A: “To make a long story short, …”

To make a long story short.
「手短に言うと、かいつまんで言うと、早い話がね」

(informal) used when you are saying that you will get to the point of
what you are saying quickly, without including all the details
[Oxford Advanced Learner’s Dictionary]

used to end an account of events quickly.
[Concise Oxford Dictionary]

前回、“It’s a long story.”「話せば長くなるから」
という表現を学習しましたが、今回は、同じく“a long story”を用いた表現
To make a long story short, …”を取り上げてみました。

To make a long story short, …”を直訳すると、
「長い話を短くすると」という意味になり、そこから、

手短に言うと」「かいつまんで言うと」「早い話がね」「要するに
簡単に言うと」「手っ取り早く言うと」などいう意味になります。

「話の細部にまで立ち入ると長くなるから、要点だけ言うとね」
という感じで用いられる表現ですね。

To cut a long story short, …”と言ったり、
単に“Long story short, …”と言ったりすることもあります。

“Anyway, to make a long story short, we had an argument and
I haven’t seen him since.”
「とにかく、手短に言うとね、僕たちは口論をして、それ以来、
僕は彼に会っていないんだ」

関連記事
「話せば長くなるから / いろいろあってね」を英語で言うと・・・

この記事を、役に立った・参考になったと思われた方は、ポチっとお願いします♪
人気ブログランキングへ


スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す