「そうだろうね」を英語で言うと・・・

本日の英会話フレーズ

Q: 「そうだろうね」

A: “I bet.”

I bet. 「そうだろうね、だろうね、確かにそうでしょうね」

・(informal) used to show that you can understand
what somebody is feeling, describing, etc.
・(informal) used to tell somebody that you do not believe
what they have just said
[Oxford Advanced Learner’s Dictionary]

以前に“You bet.”を学習したときにも出てきましたが、
bet”には、「賭ける」という意味がありますが、そこから転じて、
「あることが間違いないと確信している」
「あることが起こることを確信している」
という意味も持っています。

ですから、“I bet.”で、「間違いなくそうなることに、私は賭けてもよい」
ということから、相手の言うことに対して同意を示して、
確かにそうでしょうね」という意味合いで、
そうだろうね」「だろうね」「きっとそうでしょうね
という意味で用いられます。

また、“I bet.”は、相手の謝罪に対して、
さあどうだかね」「本当にそうなのかね」「ああ、どうせそうだろうよ
という皮肉的な意味で用いられる場合もあります。

つまり、ここでは、相手が「ごめんなさい」と言っているのに対して、
「それを本心で言っているのかどうか“bet”(賭ける)」ということは、
相手の謝罪を100%信じていないということを言っているわけですね。

“We had a great time in Hawaii.”
「僕たちはハワイですばらしい時を過ごせたんだ」
I bet.
「そうだろうね」

“I’m sorry I didn’t write. But I was thinking about you.”
「手紙を書かなくてごめんなさい。でも、あなたのことを考えていたのよ」
I bet.
「さあどうだかね」

関連記事
「もちろん! / いいとも!」を英語で言うと・・・

この記事を、役に立った・参考になったと思われた方は、ポチっとお願いします♪
人気ブログランキングへ


スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す