「そんなにきつく当たらないで / お手柔らかに」を
英語で言うと・・・

本日の英会話フレーズ

Q: 「そんなにきつく当たらないで / お手柔らかに」

A: “Don’t be so hard on me.”

Don’t be so hard on me.
「そんなにきつく当たらないで、お手柔らかに」

be hard on somebody
・to treat or criticize somebody in a very severe or strict way
・to be difficult for or unfair to somebody
[Oxford Advanced Learner’s Dictionary]

hard”には、「かたい;難しい、困難な;熱心な」などという意味のほかに、
「(人・態度・罰などが)厳しい、無情な」という意味があるので、

be hard on somebody”という表現は、
「~にきつく当たる、~に対して厳しい、~に対して無情である」
という意味になります。

ですから、“Don’t be so hard on me.”とすると、
そんなにきつく当たらないで」「そんなに厳しくしないで
お手柔らかに」「きついなぁ
などという意味になります。

また、“Don’t be so hard on yourself.”とすると、
「自分に対してそんなに厳しくしないで」⇒「あんまり自分を責めないで
という意味になりますね。

“I know I made a mistake. Don’t be so hard on me.
「反省しているから、そんなにきつく当たらないで」

この記事を、役に立った・参考になったと思われた方は、ポチっとお願いします♪
人気ブログランキングへ


スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

2件のコメント

  • あらふー

    英会話が大好きな転職活動中のアラフォーです。小太郎さんのサイトはとても見易く、学習書に基づいた内容だったので、すぐお気に入りに追加させていただきました! 一気に覚えるのは無理だけど、一日一フレーズだと、私でも無理なく頑張れそうです。素敵なサイトを作ってくださって、ありがとうございます。

    • コタロウ

      >あらふー さん

      お気に入りに追加していただいて、
      ありがとうございます^^

      楽しみながら英会話を学習するというのは、
      やっぱり、大事なことだと思います。

      好きなことだと、大変なことでも続けていけますよね♪

      お互いに、英会話の学習、頑張っていきましょう^^

コメントを残す