スポンサードリンク

「了解 / 任せて」を英語で言うと・・・

本日の英会話フレーズ

Q: 「了解 / 任せて」

A: “You got it.”

You got it. 「了解、任せて;そのとおり、そうだね」

You got it.”という表現は、直訳すると、
「あなたはそれを手に入れた」という意味になりますが、

そこから「相手がそれ(依頼・要求していること)を手に入れる」ということから

相手に何か依頼・要求されたときに、
「あなたの依頼・要求したことを私がやるよ」という意味合いから、

了解」「分かった」「任せて」「任せといて
もちろん」「承知した」「かしこまりました

などという意味になりますね。

相手の依頼・要求などを承諾する場合に用いられる表現になります。

また、“You got it.”という表現を直訳したときの
「あなたはそれを手に入れた」という意味から、

相手が、何かを正しく理解できたときや、何かを成し遂げたときに、
「あなたはそれを理解できた」「あなたはそれを成し遂げた」
という意味合いから、

そのとおり」「そうだ」「そういうことだ
当たり」「できたね」「できたじゃないか

などいう意味にもなります。

That’s right.”「そのとおり。」
という表現と同じような意味合いになりますね。

You got it. と I got it. の違いは?

ここで、「了解」「分かった」という日本語だけを見ると、
You got it.”も、以前学習した“I got it.”も、
同じように「了解」「分かった」という意味で用いられますが、
英語での意味合いを考えると、やはり違いがあるんですね。

というのは、
I got it.”は、相手の言っていることを「理解した」という意味合いで、
「了解」「分かった」という意味になるのに対して、

You got it.”は、相手の依頼・要求などを承諾する場合に、
「それを私がやるよ。任せといて」という意味合いで、
「了解」「分かった」という意味になっているんですね。

ですから、単純に日本語だけを比較すると、
どちらも「了解」「分かった」という意味になりますが、
実際に用いられている状況も意味合いも異なってくるわけですね。

“Would you give me a hand?”
「ちょっと手伝ってくれない?」
You got it.
「任せて。」

“I’d like a tuna sandwich, please.”
「ツナ・サンドイッチをください。」
You got it.
「かしこまりました。」

関連記事
「了解 / 分かった」を英語で言うと・・・

この記事を、役に立った・参考になったと思われた方は、ポチっとお願いします♪
人気ブログランキングへ


スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す