「あなたのおかげで楽しかったよ」を英語で言うと・・・

本日の英会話フレーズ

Q: 「あなたのおかげで楽しかったよ」

A: “You made my day.”

You made my day. 「あなたのおかげで楽しかったよ」

make somebody’s day

to make somebody feel very happy on particular day
[Oxford Advanced Learner’s Dictionary]

make an otherwise ordinary day pleasingly memorable for someone.
[Concise Oxford Dictionary]

make somebody’s day”には、
「(人)幸せな気分にする」「(人)を楽しい気分にする」「(人)を喜ばせる」
などという意味があります。

ですから、“You made my day.”を直訳すると、
「あなたが私の一日を作った」という意味になりますが、
そこから、「あなたのおかげでよい一日になった」という意味合いで、
あなたのおかげで楽しかったよ」「あなたのおかげで幸せな気分になったよ
などという意味になりますね。

ここでは、相手に向かって、
あなたのおかげで楽しかったよ」と言っているので、
主語が“You”になっていますが、“make somebody’s day”の主語は、
You”だけでなく、“He”や“She”など他の人でもよいですし、
また、それは人に限られたことではなく、動物や花であってもよいわけです。

また、プレゼントのお礼状などに添える一言としても用いられますね。
Thank you for the wonderful gift. You made my day.
「すてきな贈り物をどうもありがとう。
あなたのおかげで幸せな気分になれました」

ここで、“make my day”というと、
Clint Eastwood(クリント・イーストウッド)主演の映画
「Sudden Impact(ダーティ・ハリー4)」で、
Harry Callahan(ハリー・キャラハン)刑事が、犯人に向かって言う
Go ahead. Make my day.”という台詞が有名ですが、

これは、「撃ってみろよ。そうすれば、俺が反撃できるいい機会になる。
俺を楽しませてくれよ」という意味合いで用いられていたわけですが、
この台詞が用いられて以来、“Make my day!”という表現が、
やれるものならやってみな」「さあ、かかってこい
などという挑発的な意味合いで用いられるようになったと言われていますね。

“Here is a gift for your birthday.”
「誕生日プレゼントだよ」
“Wow! Thank you so much. You really made my day.
「わあ!どうもありがとう。あなたのおかげで本当に幸せな気分になったよ」

この記事を、役に立った・参考になったと思われた方は、ポチっとお願いします♪
人気ブログランキングへ


関連コンテンツ

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す