「どうかしたの?」を英語で言うと・・・

本日の英会話フレーズ

Q: 「どうかしたの?」

A: “What’s wrong?”

What’s wrong (with you)? 「どうかしたの?」

What’s wrong?”で、「どうかしたの?」「どうしたのですか?
まずいことでもありましたか?」という意味になります。

“wrong”には、「良くない、間違っている、ふさわしくない、(人が)具合が悪い」
などと、いろいろな意味がありますが、要は、「良くないことが起きている状態」
を表しているわけですね。

ですから、何か問題がありそうな場合に、“What’s wrong?”と尋ねると、
「何か良くないことが起きたの?」⇒「どうかしたの?
という意味になるわけですね。

この“What’s wrong?”と同様の意味で、
What’s the matter?”や“What happened?”という表現も用いられます。

What happened?”は、“happen” 「(事が)起こる」という意味から、
「何が起こったの?」⇒「どうしたの?」という意味になるわけですね。

What’s the matter?”は、
“matter” 「問題、事件、事故、心配」などという意味から、
「何か悪いことが起きたの?」⇒「どうしたの?」という意味になるわけですね。

また、相手の体調や状況を気遣って尋ねる場合には、
What’s wrong with you?”とすると、
どうしたの?どこか具合が悪いの?」という意味になります。

さらに、“What’s wrong with you?”には、相手を非難する意味合いで、
あなた、どうかしてるんじゃないの?」という意味になる場合もありますね。

What’s wrong? You don’t look well.”
「どうかしたの?具合悪そうだけど」

What’s wrong?
「どうかしたの?」
“Oh, nothing.”
「ああ、何でもないよ」

What’s wrong with you?
「どうしたの?」
“I have a hangover.”
「二日酔いなんだ」

この記事を、役に立った・参考になったと思われた方は、ポチっとお願いします♪
人気ブログランキングへ


関連コンテンツ

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す